年齢別のほうれい線と対策

年齢別のほうれい線ケア

ほうれい線は生まれた時から存在するため、条件によっては年齢にかかわらずほうれい線が目立ち始めるようになります。

一般的に、ほうれい線が目立ち始めるのは30代を超えた頃ですが、骨格や生活習慣によっては20代の頃からほうれい線があらわれる方もいます。

そのため、ほうれい線をしっかりカバーするためには、20代の頃からケアを行い、ほうれい線ができにくい肌を作ることが大切と言えます。

ここでは、ほうれい線のケア方法を年代別にご紹介します。

20代のほうれい線ケア

個人差はありますが、一般的に20代の頃はまだほうれい線が目立ちにくい時期と言えます。

ただ、だからと言ってケアを怠っていると、30代になって肌の老化が急速に進むようになります。

20代の頃のツケが30代、40代になって回ってきたというケースは多いので、20代からのケアが30代、40代の肌を決めると言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、この時点では本格的な治療を行う必要はありません。具体的な策としては、肌の老化のもととなる紫外線に注意し、老化しにくい環境を整えることが大切です。

30代のほうれい線ケア

30代を超えると、徐々にほうれい線が目立ち始めます。

これは、体内で作られるコラーゲンやヒアルロン酸が減少し始めた証拠で、この年代を境に、だんだん肌のハリやツヤ、弾力が低下するようになります。

よって、30代になったら、コラーゲンやヒアルロン酸をはじめ、肌を作るアミノ酸やビタミン、ミネラルなどの栄養分を積極的に摂取するようにしましょう。

普段の食生活の見直しはもちろんですが、足りない分はサプリメントなどで補うのも効率的です。

40代のほうれい線ケア

40代になると、大抵の方にほうれい線がくっきり目立つようになります。

ここまで来ると、紫外線対策やサプリメントによるケアだけでは不十分なので、アンチエイジング専用のコスメや、皮膚科やクリニックでの治療が有効になってきます。

専門的な治療としては、レーザー治療やコラーゲン注射が有名で、ほうれい線に対する優れた即効性が魅力となっています。