ほうれい線の原因

ほうれい線の原因は肌のたるみ

ほうれい線があらわれる原因はいろいろありますが、最たる原因は『肌のたるみ』にあります。

首の筋肉や顔の表情筋が衰えると、肌が重力に逆らえなくなり、どんどん下に垂れ下がってきます。

すると、肌の溝が強調されるようになり、ほうれい線がくっきりあらわれるようになるのです。

肌のたるみについてはハリやツヤ、弾力のもととなる『コラーゲン』の減少も大きく関わっており、年齢とともにコラーゲンの体内生産量が低下すると、肌を下から支える力が弱くなり、たるみやほうれい線の原因となります。

紫外線や乾燥にも注意

ほうれい線は老化現象の一種なので、肌の老化が進むとそれだけほうれい線もはっきりと目立つようになってきます。

肌の老化は加齢だけが原因ではなく、乾燥や紫外線によって加速することもあります。まだ若いのにほうれい線が目立ち始めたという場合は、乾燥や紫外線が原因となっているケースが多いのです。

肌が乾燥していると、肌を守るバリア機能が低下し、外部からのダメージで肌が傷みやすくなります。

特に紫外線を直接浴びると、肌の老化のもととなる活性酸素が生成され、ほうれい線や肌のたるみを悪化させる大きな原因となります。

その他の原因

ほうれい線が目立ち始める原因は、加齢や乾燥、紫外線のみにとどまりません。

そのほかにも、ストレス偏った食生活ビタミンC不足喫煙など、生活におけるさまざまなポイントがほうれい線と深く関わっています

そのため、ほうれい線をしっかりケアするためには、まずライフスタイルの改善から始める必要があると言えるでしょう。

また、ほうれい線の現れ方には骨格も関係しており、若年層でもほうれい線に悩まされる方は決して少なくありません。