コラーゲン

ほうれい線はコラーゲン不足が原因

肌にほうれい線などのシワができるのは、コラーゲン不足が大きな原因です。

コラーゲンとは真皮やじん帯、腱などを構成するタンパク質の一種で、人体のタンパク質のおよそ3割を占める主成分でもあります。

特に、肌のハリや弾力を支える真皮は約7割がコラーゲンでできており、表皮を下から押し上げ、うるおいとツヤのある若々しい肌を維持する役割を担っています。

コラーゲンはもともと体内で合成生産される成分ですが、年齢を重ねるとコラーゲン生産力がだんだんと衰え、真皮が表皮を支えられなくなってきます。

すると、肌にたるみやシワができるようになり、ほうれい線が目立つようになるのです。

注射とサプリメント、どちらがいい?

コラーゲンを補給する方法には、大きくわけて2つの方法があります。

1つは、コラーゲンをサプリメントや食事として経口摂取する方法。もう1つは、コラーゲンを直接肌に注入する方法です。

後者の方法はコラーゲン注射と呼ばれており、皮下組織に直接コラーゲンを注入するため、非常に即効性に優れているところが特徴です。

しかし、コラーゲン注射は効果が切れるのもはやく、持続させるためには定期的に何度もコラーゲン注射を打つ必要があります。

一方、コラーゲンサプリメントは即効性には欠けますが、注射よりも続けやすく、痛みや副作用とも無縁なので、若々しい肌を安全に保つことが可能となっています。

コスメとサプリメントを上手に使おう

コラーゲンは美容成分の代表的存在なので、今やコスメなどにも多用されています。

しかし、いくらコラーゲン入りコスメを使用していても、塗った分すべてが体内に吸収されるわけではないので、コラーゲンの摂取方法としては不十分です。

よって、最も理想的な方法は、コラーゲンコスメとコラーゲンサプリメントを併用することです。外側と内側の両方からコラーゲンを摂取することで、どちらか単体を使用するよりも、より高い美肌効果を発揮することができます。

特に、一度できたほうれい線はなかなか完治しにくいので、しっかり効果を出したい方には内と外両面からのコラーゲン補給をおすすめします。