PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法は最先端シワ取り法

PRP皮膚再生療法とは、体内の血液中にある血小板の成長因子を利用した全く新しいシワ解消法です。

PRP』とは多血小板血漿のことで、もともとは止血作用や壊れた血管・細胞の修復を行っています。

PRP皮膚再生療法はその創傷作用を応用した施術法で、PRPに多量に含まれる血小板が注入された部位でさまざまな成長因子(GF)を放出し、肌のハリ・弾力のもとになるコラーゲンやヒアルロン酸の産生・修復を促進します。

PRP皮膚再生療法のメリット

PRP皮膚再生療法の最大のメリットは、施術中あるいは施術後の安全性にあります。

これまで主流だったボトックスやコラーゲン注射、あるいはリフトアップなどは、身体の中に異物を入れるため、アレルギー症状による副作用が起こる可能性がありました。

しかし、PRP皮膚再生療法では、患者自身の血液から採取したPRPを利用するため、異物に対する免疫反応が起こりにくく、非常に安全性が高いところが特徴となっています。

また、PRP皮膚再生療法はくっきりとしたほうれい線の解消だけでなく、目元のちりめんジワなど、細かなシワにも効果的で、より理想の状態に近い仕上がりを実現できるようになっています。

PRP皮膚再生療法のデメリット

PRP皮膚再生療法はボトックスやコラーゲン注射に変わる画期的な美容法として話題になっていますが、その一方でいくつかのデメリットも指摘されています。

まず、外科手術に比べると持続性が低いこと。PRP皮膚再生療法を受けると、施術後2ヶ月まで肌の再生が行われ、その後半年~1年ほど効果が持続します。

しかし、1年経つと徐々にもとの肌に戻ってきてしまうため、最低でも1年に1回は施術を受けなければなりません

また、PRP皮膚再生療法では、原料に自身の血液を利用します。そのため、採取できる血液の量に限りがあり、広範囲のシワ取りには向かないと言えるでしょう。