メイクで隠す

ほうれい線をメイクでカバーする

一度目立ち始めたほうれい線はなかなか頑固なので、一朝一夕で解消することはできません。

そのため、表情筋の体操やリンパマッサージのケアと同時に、ほうれい線を目立たなくさせるメイクの方法も学んでおいた方がいざという時に役に立ちます。

ただ、メイクでほうれい線をカバーする方法にはちゃんとしたコツがあります。ただ適当に厚塗りしてしまうと、ほうれい線のシワが際立ち、逆効果になってしまうので注意しましょう。

ここでは、メイクで上手にほうれい線をカバーする方法をご紹介します。

メイクでほうれい線を隠す方法

メイクでほうれい線を隠す際に重要なポイントは『無理に隠そうとしないこと』です。

たとえば、ファンデーションをほうれい線にそのままのせてしまうと、溝にファンデーションがたまって、かえってまわりから浮いて見えてしまいます。

そのため、ほうれい線を隠すには、逆にファンデーションを薄く塗り、溝にためないようにすることが大切です。

もちろん、そのままでは目立ってしまうので、明るめのコンシーラーでほうれい線をなぞり、指で少しぼかしてまわりになじませてしまうと良いでしょう。

また、口元から目線をそらすために、アイメイクや口元のメイクにアクセントを置く方法も効果的です。

かづきメイクで若々しさアップ

ほうれい線を隠すメイクとして注目を集めているのが『かづきメイク』です。

かづきメイクとは、フェイシャルセラピストであり、歯学博士でもあるかづきれいこさんがプロデュースする若返りメイク法

血流マッサージやデザインテープなどの独自の方法を用いて、決められた手順と方法に従ってメイクを行えば、どなたでも若々しいメイクアップを実現することができます

ほうれい線をメイクでカバーするだけでなく、血流マッサージによってほうれい線を根本から解決することができるので、一石二鳥のメイク方法と言えるでしょう。

かづきメイクは全国140ヶ所のカルチャースクールで学ぶことができるほか、かづきさんの著書やDVDも販売されているので、一度試してみてはいかがでしょうか?