表情筋の体操

表情筋を鍛えよう

私たちの顔は皮膚に覆われているので中はよく見えませんが、実際には縦横無尽にさまざまな筋肉が走っています。

これらの筋肉は『表情筋』と呼ばれており、目や口の開閉、眉を寄せる、笑うなど、さまざまな顔の動きに関連しています。

ただ、表情筋も筋肉の一種なので、他の筋肉同様、使わなければだんだんと衰えていきます。

表情筋が衰えると、顔にハリや弾力がなくなり、顔の脂肪がたるみ、ほうれい線の原因となります。

表情筋は加齢によっても衰えてきますので、常日頃から表情筋を動かすよう心がけ、肌のたるみやシワの発生を防ぐようにしましょう。

表情筋の体操をしよう

表情筋を鍛えるには、顔の筋肉をまんべんなく動かすことが大切です。

顔の筋肉も、人によってよく使うところ、使わないところがわかれるので、表情筋の体操を行い、普段使わない表情筋も積極的に動かすようにしましょう。

体操時間は、1回5分程度が目安です。

1.『あいうえお』体操

表情筋の体操で最も有名な方法が『あいうえお』体操です。

体操方法はとても簡単。『あいうえお』をそのまま、大きな口でゆっくりと言うだけです。

ポイントとしては、それぞれの文字をこれ以上ないというくらい大げさな動作で行うこと。すると、表情筋が突っ張り、筋肉に適度な負荷がかかっているのがわかります。

ちなみに、『あいうえお』体操で口の中や顔周りが痛くなってしまった方は、普段から表情筋を動かしていない証拠です。

放っておくとほうれい線の原因となりますので、毎日少しずつでも体操を続けるようにしましょう。

2.口周りの体操

口を右、左とそれぞれ大きく寄せるように動かします。

左に動かしている時は右のほおが、右に動かしている時は左のほおがつっぱるようにします。

ちょうどほうれい線の部分が引き延ばされるようになるため、深い溝ができるのを予防することができます。